アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
燃焼安全装置

燃焼安全の基本構成

燃焼安全装置は、リミット、インターロックで安全動作範囲を制限し、燃焼装置の火炎を検出する火炎検出器により、燃焼状態を常に監視しています。 火炎検出器からの信号はバーナコントローラ(プロテクトリレー)によって操作部に必要な信号に変換して安全遮断弁を動作させています。

万一、燃焼装置に何らかの故障が発生しバーナの不着火や断火などの異常が発生した場合は、炎検出器が燃焼炎の異常を検出し、バーナコントローラに信号伝達し、安全遮断弁を閉止させ、燃焼室内への燃料の流入を防止します。また、バーナコントローラは起動時、火炎検出器やバーナコントローラの重要部品を自己点検し、故障している場合、バーナを起動させない安全起動の機能を持っています。

燃焼安全装置の機能

自動あるいは手動操作によってバーナを起動停止させること。
正しい順序に従ってバーナを起動させ、動作中の燃焼炎を監視すること。
異常な温度や圧力から保護する。
バーナ燃焼量の調節。
バーナ停止中の起動待機状態の維持。

FSG
Flame Safeguard System
燃焼安全装置
バーナを使用するために必要なバーナ動作の安全制御を行うために システムで使用される制御機器を相互に組み合わせたもの

燃焼安全装置の基本構成図
 

FSGの目的は爆発を防ぐこと そのためには炉内(燃焼室)に燃料を貯蓄させない 

燃料が炉内に蓄積するケースとその防止方法

炉内に残留ガスがある場合 プレパージをする
燃料を爆発限界の濃度以下まで確実に換気する。 換気時間は故障しても短くならないようにする。
※バーナコントローラ、安全遮断弁(定期メンテ)
バーナに点火する際に、点火源よりも先に安全遮断弁を開いてしまった場合 正しい点火シーケンス
正しい順序で点火動作。異常時動作しない。 故障しても順序が変わらない。
※バーナコントローラ(スタートチェック、点火シーケンス)
バーナへ点火動作を試みても点火しない場合 点火時間
爆発限界の濃度になる前に遮断する。 故障しても点火時間が長くならないようにする。
※火炎検出器、バーナコントローラ(点火シーケンス)
運転中に何らかの原因でバーナが突然、断火してしまった場合 火炎検出と確実な燃料遮断、フレームレスポンス
断火を確実に検出し、爆発限界の濃度になる前に 燃料を遮断する。
※火炎検出器、バーナコントローラ(フレームレスポンス)、安全遮断弁
空燃比の不良のためバーナが不完全燃焼している場合 確実なリミット・インターロック
リミットで燃焼条件に閉じ込める。
※ガス圧スイッチ、空気スイッチ(定期メンテ)


  製品資料のダウンロード 製品に関するお問い合わせ 製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ




関連リンク
総合カタログ
総合カタログ 制御編 総合カタログ センサ・スイッチ編
株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.