アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
よくあるご質問(FAQ)

モジュール形調節計 DMC10

DMC本体

仕様/設置

補助出力(オプションの電流出力)のチャンネル間は絶縁されていますか?
放熱穴を横向きに設置しても大丈夫でしょうか?
AC電源対応のものはありませんか?

通信

DMC10のパラメータのうち、任意のものを通信で読み書きしたい。
DMC10の通信アドレスには、同じパラメータなのに2つのアドレスを持つものがありますが、どちらを選択すればよいのでしょうか?
シーケンサとの通信方法を教えてください。

組み合わせ機器

メンテナンス時のために設定パラメータのバックアップをローダなしに行いたい。
通信変換器 CMC10Bと指示設定器 SDU10との併用はできますか?
三菱電機殿のCC-LINKと接続したい。

ローダ

ローダとDMC10を通信させると、「バージョンが違います。」と表示され使用できません。対応方法を教えてください。
ローダジャックの差し替えなしに複数台のDMC10にアクセスできますか?
モニタモードで、オートチューニングの発停やマニュアルモードへの切り替えを行っても受け付けない。
複数台のDMC10のデータを一度にモニタしたい。
他国言語表記のローダはありませんか?
専用パソコンローダは、RS-485の上位通信経由で使用できますか?

アクセサリ

ローダ用ケーブルの市販品はありませんか?
コネクタモデル用の雄コネクタの市販品はありませんか?

TOP

DMC本体

仕様/設置

補助出力(オプションの電流出力)のチャンネル間は絶縁されていますか?
絶縁されています。

TOP
放熱穴を横向きに設置しても大丈夫でしょうか?
お奨めできません。PV値の精度ずれや故障の原因となりますので。放熱穴を上向けにして設置してください。

TOP
AC電源対応のものはありませんか?
申し訳ありませんが、DMC10はDC24V電源のみです。単体動作/小型サイズを追求したため、この仕様のみしか対応できませんでした。また、マルチチャンネル仕様の場合には、DC電源をご使用いただいたほうが、スペース、価格ともに有利になると判断しています。

TOP
通信

DMC10のパラメータのうち、任意のものを通信で読み書きしたい。
DMC10のパラメータのアドレスは全て公開されています。取説のアドレス一覧表をご参照下さい。

TOP
DMC10の通信アドレスには、同じパラメータなのに2つのアドレスを持つものがありますが、どちらを選択すればよいのでしょうか?
どちらでも構いません。DMC10ではお客様が作成されるアプリケーションソフトウェアに合わせて、2種類の並びを用意しています。 お客様で作成されるソフトウェアの都合に合わせて、必要データの多い並びを選択してください。データは全く同じです。

TOP
シーケンサとの通信方法を教えてください。
DMC10は子機仕様(自分からはコマンドを発信せず、受信したコマンドの内容に従う。)ですので、親機となるシーケンサの通信モジュールの仕様とDMC10の仕様を良くご確認下さい。シーケンサとDMC10を直接接続される場合には通信プログラム(お客様側で作成)が必要となります。
なお、プラグラマブル表示器をご使用頂ければ、三菱電機殿製、およびオムロン殿製、安川電機殿製、横河電機殿製、および弊社製のシーケンサとはプログラムの作成なしにデータの交換が行えます。

TOP
組み合わせ機器

メンテナンス時のために設定パラメータのバックアップをローダなしに行いたい。
DMC10専用の指示設定器 SDU10のレシピ機能をご使用頂ければ対応可能です。設定パラメータをSDU10に吸い上げてSDU10内に保存しておき、製品交換時にはSDU10からダウンロードすることができます。

TOP
通信変換器 CMC10Bと指示設定器 SDU10との併用はできますか?
できません。どちらか一方のみをご使用ください。

TOP
三菱電機殿のCC-LINKと接続したい。
接続できます。弊社製通信変換器 CMC10Aをご使用下さい。ただし、ご要求の仕様によっては、ラダープログラムが必要となりますので、ご要求仕様を明確にされた上で、CMC10Aの仕様をご確認下さい。

TOP
ローダ

ローダとDMC10を通信させると、「バージョンが違います。」と表示され使用できません。対応方法を教えてください。
ローダソフトウェアとDMC10本体のバージョンが一致しないときに表示されます。パソコンローダSLP-D10を最新のものに更新してください。お求め先にお問い合わせ下さい。

TOP
ローダジャックの差し替えなしに複数台のDMC10にアクセスできますか?
できます。ただし、DMC10のRS-485経由で上位パソコンからアクセスする、通信変換器 CMC10Bからのアクセスが条件となります。DMC10のローダジャックから別のDMC10に対してアクセスすることはできません。

TOP
モニタモードで、オートチューニングの発停やマニュアルモードへの切り替えを行っても受け付けない。
制御方式が「On/Off動作」になっているものと思われます。設定モードで確認してください。

TOP
複数台のDMC10のデータを一度にモニタしたい。
CMC10をご使用頂ければ対応できます。設定モードの「環境設定」中の通信設定を「CMC10経由で接続する。」を選択して下さい。数値モニタで8チャンネルまで、トレンドモニタで8データまでは異なったDMC10にアクセスが可能です。

TOP
他国言語表記のローダはありませんか?
バージョン2.0.0以降のSLP-D10は英文表示に対応しています。Windowsの設定-コントロールパネルの「地域」を英語に設定しますと再起動時に英文表示となります。

TOP
専用パソコンローダは、RS-485の上位通信経由で使用できますか?
使用できます。ただし、RS-485の通信ポートをもったパソコンはまれですので、RS-232Cへの変換が必要です。弊社の変換器CMC10Lをご利用下さい。

TOP
アクセサリ

ローダ用ケーブルの市販品はありませんか?
当ケーブルはアズビル株式会社で製作した特殊仕様のものですので市販品はありません。当製品をご使用下さい。弊社のPCローダをお持ちでケーブルだけ破損した場合などは弊社営業部門/販売 店にお問い合わせください。

TOP
コネクタモデル用の雄コネクタの市販品はありませんか?
フェニックスコンタクト社製MSTB2,5/5-STF-5,08AUです。

TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード



株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.