アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
よくあるご質問(FAQ)

デジタル指示調節計

入力指示精度に関する仕様で±1Uは何を示しているのでしょうか?
1個の熱電対を複数台の調節計に並列接続する場合、どのような影響がありますか?
コンソール部が上向きとなるような垂直方向に取り付けると、どのような影響があるでしょうか?
リニア入力の場合に逆スケーリング(例 20mAで0、4mAで100)は可能でしょうか?
SDC20/21、SDC30/31は熱電対または測温抵抗体入力であってもレンジの上下限値を設定してレンジ幅を狭めることができますが、オーバーレンジアラームはどのような条件で発生するのでしょうか?
輸出向け装置に調節計を使用したいのですが、温度単位が華氏(゚F)のレンジは用意されているでしょうか?
入力種類は熱電対でツェナーバリヤと組み合わせて使用しますが、ツェナーバリヤ対応品を選択する必要があるでしょうか?
イベント出力リレーで外部スイッチ入力を駆動できますか?
停電時データは保持されるのでしょうか?
カレントトランス入力付きモデルの場合、1個のカレントトランスを複数の調節計に接続することはできますか?
カレントトランス入力付きモデルの場合、3相電源のヒータ断線検出を行う良い方法はありますか?
瞬時停電は調節計にどのような影響を与えますか?
標準気圧以外の場所で使用できますか?
熱帯処理品、硫化対策処理品では、どのような処理が施されているのですか?
位置比例出力でAC100/200V系のモータを駆動する場合に、なぜ補助リレーが必要なのでしょうか?
RS-485通信の結線を行う場合、終端が複数となるような結線を行うと問題ありますか?
RS-485通信の結線を行う場合、SG線を結線せずに2線また4線ではだめでしょうか?
SDC45/46のDC24Vを使用して圧力発信器を接続しています。計器電源はONしていますが、発信器が動作しません。
SDC45/46にリニア信号を入力していますが、下限値と上限値でALが発生します。
SDC45/46でDIを使ってモード切替をしたいのですが、DIの動作を設定してもモードが切り替わりません。
カレントトランス入力は位相角制御された電流値で使用できますか?
3線式RS-485通信のDAとDBの極性はどうなりますか?
SDC30からSDC35に置換えを行いましたが、SDC35にはFG端子がありません。SDC30のFG端子に接続されていたシールド線はどのようにしたらよいですか?
調節計のパラメータをイニシャルデータ(工場出荷時データ)に戻す方法を教えてください。
調節計の電流または電圧出力を短絡配線しても問題ありませんか?
DC電源モデルの調節計ですが、プラス接地で使用できますか?

入力指示精度に関する仕様で±1Uは何を示しているのでしょうか?
Unitの略で、表示分解能に当たる最小表示桁を示しています。例えば入力レンジが0〜1200℃の場合には±1℃になりますし、0.0〜100.0℃の場合には±0.1℃になります。
尚、機種によっては±1digitと表現している場合もあります

TOP
1個の熱電対を複数台の調節計に並列接続する場合、どのような影響がありますか?
「(配線抵抗値)×(入力バイアス電流の合計値)」の電圧分だけ誤差が発生します。

TOP
コンソール部が上向きとなるような垂直方向に取り付けると、どのような影響があるでしょうか?
調節計内部の熱分布のバランスが変わり、冷接点補償回路が検知する温度と実際のPV入力端子の温度に差異が生じ、熱電対入力の指示精度に影響を与えます。

TOP
リニア入力の場合に逆スケーリング(例 20mAで0、4mAで100)は可能でしょうか?
SDC15、25/26、35/36、45/46、SDC40A、DCP31/32、DCP551/552では可能ですが、SDC10、SDC20/21、SDC30/31では不可能です。

TOP
SDC20/21、SDC30/31は熱電対または測温抵抗体入力であってもレンジの上下限値を設定してレンジ幅を狭めることができますが、オーバーレンジアラームはどのような条件で発生するのでしょうか?
基準レンジ(狭めていない状態)の-10%以下または110%以上でアラームが発生します。

TOP
輸出向け装置に調節計を使用したいのですが、温度単位が華氏(゚F)のレンジは用意されているでしょうか?
日本国内で温度に関して使用が認められている計量単位は、SI単位系の「℃」と「K(ケルビン)」のみですが、ヤードポンド法の「゚F」は一部の特殊な用途では使用することができます。セットアップ項目の温度単位で、「1:特殊単位」を選択すると温度単位は華氏(゚F)になります。

TOP
入力種類は熱電対でツェナーバリヤと組み合わせて使用しますが、ツェナーバリヤ対応品を選択する必要があるでしょうか?
熱電対入力では不要です。測温抵抗体入力の場合、SDC25/26、35/36、45/46はパラメータで調整のうえ使用します。これ以外の機種はツェナーバリヤ対応品を選択してください。

TOP
イベント出力リレーで外部スイッチ入力を駆動できますか?
実際には駆動できるかもしれませんが、イベント出力にはAC100/200V系に接続される様な負荷に適したリレーを使用していますので、短絡電流が数mA程度の外部スイッチ入力の駆動には適していません

TOP
停電時データは保持されるのでしょうか?
DCPの場合には、内部メモリのRAMがバッテリでバックアップされていますので、停電復帰時には停電直線の状態から動作を開始します。DCP551/552の場合、セットアップ項目に設定された時間以上の停電が発生すると停電復帰時にはHOLDモードとなります。
SDCの場合には、PID定数やセットアップ項目など各パラメータはEEPROMと呼ばれる不揮発性メモリに記憶されていますが、マニュアルモードのマニュアル設定量やSPランプ動作中のSP値などは停電時に保持されません。

TOP
カレントトランス入力付きモデルの場合、1個のカレントトランスを複数の調節計に接続することはできますか?
カレントトランスの入出力特性は負荷抵抗によって決まります。調節計を並列接続すると負荷抵抗の値が変わってしまいますので、並列接続はできません。

TOP
カレントトランス入力付きモデルの場合、3相電源のヒータ断線検出を行う良い方法はありますか?
SDC10,SDC20/21など以前の製品では単相電源のみを対象にカレントトランス入力回路が設計されていますので、残念ながら3相電源には使用できませんでした。
開発時期の新しいSDC15,SDC25/26,SDC35/36,SDC45/46などではカレントトランス入力を2点とし、3相電源のヒータ断線検出を可能にしています。

TOP
瞬時停電は調節計にどのような影響を与えますか?
調節計によって多少異なりますが、20ms以内の停電であれば正常に動作します。この値を超える停電の場合、調節計内部のCPUがリセットされる場合があります。

TOP
標準気圧以外の場所で使用できますか?
内部に使用している部品で、一般的にリレーが標準気圧(86〜106kPa)で使用することを前提としていますので、使用することはできません。
リレーを使用していない機種であっても、製品として評価しておりませんので、やはり動作を保証することはできません。

TOP
熱帯処理品、硫化対策処理品では、どのような処理が施されているのですか?
熱帯処理品ではプリント基板の両面に、接点、コネクタ、端子などを除いてワニスを塗布しています。
硫化対策処理品ではワニス塗布に加えて、プリント基板エッジコネクタ部とフラットケーブル断面に電気接点保護用グリスを塗布しています。

TOP
位置比例出力でAC100/200V系のモータを駆動する場合に、なぜ補助リレーが必要なのでしょうか?
お客様にご納得頂ける寿命を確保するためです。
位置比例出力リレーは制御状態により頻繁にON/OFF動作を繰り返しますが、小形リレーでAC100/200V電源のON/OFFを繰り返すと、ほぼ仕様で規定されている動作回数で寿命が尽きてしまいます。しかしながらより接点定格により大きなマージンを確保して大形リレーを使用すると、仕様書で規定されいる値以上の動作回数を見込むことができます。

TOP
RS-485通信の結線を行う場合、終端が複数となるような結線を行うと問題ありますか?
反射波の影響が懸念されますので、終端が2ヶ所となる結線を行ってください。SDC15、25/26、35/36以外の機種では終端には終端抵抗を取り付けて下さい。
TOP
RS-485通信の結線を行う場合、SG線を結線せずに2線また4線ではだめでしょうか?
RS-485の伝送形態は差動ですので、SGを結線しなくても通常状態であれば通信は可能です。しかしながら通信レシーバではコモンモード電圧を考慮する必要があり、この値を超える電圧に対して動作は保証されません。このため通信レシーバに仕様で規定されている値以上のコモンモード電圧が印加されること無き様、SGは結線しておく必要があります。

TOP
SDC45/46のDC24Vを使用して圧力発信器を接続しています。計器電源はONしていますが、発信器が動作しません。
SDCのPV入力レンジを設定してください。発信器からの信号をDC4〜20mAで受ける場合、PVレンジが正しく設定されていないとDC24Vが発信器に供給されません。(DC24VとPV入力が直列で配線されているため)

TOP
SDC45/46にリニア信号を入力していますが、下限値と上限値でALが発生します。
SDC45/46はリニアスケーリングの上下限設定の他に、PVレンジアラームの設定が出来ます。
(PV-04,05とPV-09,10)
PV-04,05をリニアスケーリングと同じ設定にした場合、下限値、上限値でレンジアラームが発生してしまうので、リニアスケーリングより広く設定してください。詳細は取扱説明書(CP-SP-1218)をご参照ください。

TOP
SDC45/46でDIを使ってモード切替をしたいのですが、DIの動作を設定してもモードが切り替わりません。
SDC45/46の場合、モード等の動作に関して「優先度」という設定があります。初期設定では「0:設定値優先(キー操作やパラメータの値が優先)」となっていてDIでは動作しません。優先度を「1:内部接点入力優先」としてください。

TOP
カレントトランス入力は位相角制御された電流値で使用できますか?
カレントトランス入力回路は「平均値」方式です。位相角制御された電流値は「真の実効値」でないと正確に電流値を測定することができず、誤差が含まれますので、使用できません。

TOP
3線式RS-485通信のDAとDBの極性はどうなりますか?
DAが+、DBが−になります(調節計共通仕様)。
他社では極性が逆で定義されている場合もあるため、組合せ時の配線には注意が必要です。

TOP
SDC30からSDC35に置換えを行いましたが、SDC35にはFG端子がありません。SDC30のFG端子に接続されていたシールド線はどのようにしたらよいですか?
SDC35の本体に接地端子(FG端子)はありませんので、SDC30に接続されていたシールド線は盤のアースバー等に接続し、SDC35本体に接続しないで下さい。

TOP
調節計のパラメータをイニシャルデータ(工場出荷時データ)に戻す方法を教えてください。
調節計のパソコンローダを使用して行います。
【手順】
調節計に対応するローダにてメニューから「通信」→「読出し」を実行し、パラメータをアップロードします。
アップロードしたものに対して「ファイル」→「初期化」で、初期化を実行後、 「通信」→「書込み」にてパラメータを調節計にダウンロードすることでパラメータが初期値にセットされます。
または、オフラインにてメニューから「設定」→「形番設定」にて実機の形番を設定し、「ファイル」→「初期化」で、初期化を実行後、「通信」→「書込み」にてパラメータを調節計にダウンロードすることでパラメータが初期値にセットされます。

TOP
調節計の電流または電圧出力を短絡配線しても問題ありませんか?
電流または電圧出力を短絡配線しても、計器内部にてリミット回路が設けられているため、短絡による計器の故障はありません。
ただし、短絡することにより、
・消費電流が増加
・内部発熱量が増加
する傾向となりますので、実際には機器に負担がかかります。短絡する必要がない場合は開放とすることを推奨します。

TOP
DC電源モデルの調節計ですが、プラス接地で使用できますか?
弊社の調節計は電源回路部と内部回路部は絶縁されているため、DC電源のプラス接地は可能です。
このときFG端子がある機器ではFGもプラス接地となります。
一般的に、電源回路部と内部回路部が絶縁されていないような場合にプラス接地とする場合は注意が必要です。 計装・配線次第では機器の故障はもとより発火・発煙の可能性があります。

TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード



株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.