アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
熱式質量流量計の基礎知識

第三章 熱式流量計のアプリケーション

1.工業ガスの課別流量管理、費用配賦
2.燃料ガスのエネルギー管理
3.バーナの空気比管理
4.病院内のガス使用量管理
5.バックライト、ハロゲンランプ等のガラス加工バーナ空燃比制御

当節では、一般産業用途における熱式流量計の用途・利点について取り上げる。

■ 3.1. 工業ガスの課別流量管理、費用配賦

工業ガスのコストは一般に数十円/m3と高価であり、課別やライン別に原単位把握を行なったり
費用配賦そのものを行なうことで、製造現場のコスト意識向上をはかるものである。
また、末端においては適正使用量管理や漏れ把握を行なうことで使用量の削減につなげるものである。

図3-1 工業ガスの課別流量管理、費用配賦

■ 3.2. 燃料ガスのエネルギー管理

燃料のガス転換により求められる使用量の原単位把握用途 質量流量測定により正確なエネルギー量の把握が可能である。

図3-2 燃料ガスのエネルギー管理

■ 3.3. バーナの空気比管理

一般に空気過剰と言われる、工業炉の空気比を測定し極力空気量を抑えることで 燃料ガス使用量の削減が可能である。

図3-3 バーナの空気比管理

■ 3.4. 病院内のガス使用量管理

院内で使用される酸素、窒素などの医療用ガスのコスト管理と漏れの発見により 省エネルギーを実現するものである。

図3-4 病院内のガス使用量管理

■ 3.5. バックライト、ハロゲンランプ等のガラス加工バーナ空燃比制御

シビアな熱量調整が必要とされるガラス加工バーナにおいて、熱量一定化に不可欠な 温度、圧力を加味した一定の質量流量を供給することで、品質向上と省エネルギーにつながる。

図3-5 バックライト、ハロゲンランプ等のガラス加工バーナ空燃比制御

|    前へ    |     次へ    |

  製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ


株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項_オフィシャルサイトへ移動します
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.