アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
燃焼安全装置

燃焼安全装置 (Flame safeguard) を正しくご使用いただくために FRS100 / WN200編

燃焼安全装置が火炎ありモードで故障すると、バーナ断火時に断火検出し燃料遮断ができません。
スタートチェック機能は、起動時に火炎検出回路やセンサに故障をチェックする重要な機能です。
このスタートチェック機能を確実に動作させるためには、燃焼安全装置に常時電源の通電することおよび、スタートチェック回路を使用することが必要になります。
アズビル株式会社では、正しい燃焼安全装置の使い方をお願いしています。

■ スタートチェック機能を使っていますか?

スタートチェック機能はバッチ運転方式の燃焼設備で1日1回以上、起動時に燃焼安全装置の火炎検出回路およびセンサの火炎あり故障をチェックする機能です。 火炎ありの故障がなければスタートチェック出力をONします。その後点火シーケンスで着火を検出しフレーム出力をONし火炎監視を行います。もし、火炎ありモードの故障があるとスタートチェック出力をOFFのままにします。

“スタートチェック機能”

■ 常時電源を入れていますか?

電源端子間(100Vまたは200Vと0V)には、電源スイッチONの時点から常時電源が印加するような外部配線をしてください。これは、起動時の自己点検回路を確実に動作させるために重要です。

■ スタートチェック回路を使用していますか?

【FRS100の場合】
 起動入力端子がONすると、火炎検出回路およびセンサの火炎ありモードの故障をチェックします。起動時には端子Fの起動入力を使用してください。
FRS100シリーズ
FRS100シリーズ

【WN200の場合】
 端子を使用して外部計装にて起動入力回路を構成して、火炎検出回路およびセンサの火炎ありモードの故障をチェックしてください。
WN200シリーズ(廃番機種)
WN200シリーズ(廃番機種)

『燃焼安全』の正しい知識習得に! −トレーニングコースのご案内−

弊社では、皆様に正しい燃焼安全の知識を習得いただくために、トレーニングコースを開設しています。是非、ご利用ください。
詳しくは、弊社支社・支店、営業所へお問合せください。

トレーニングコースのご案内



  製品資料のダウンロード 製品に関するお問い合わせ 製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ




関連リンク
総合カタログ
総合カタログ 制御編 総合カタログ センサ・スイッチ編
株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項_オフィシャルサイトへ移動します
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.