アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
燃焼安全装置

燃焼火炎の検出

燃焼安全装置において、燃焼火炎の検出は大変重要な役割を持っており、火炎の性質をうまく利用し、間違いのない火炎検出をすることが要求されます。

■ 火炎検出器の分類

火炎検出器の分類

燃焼火炎の検出方法は光学式と挿入式に大別されます。 光学式は炉内の明暗、火炎の色、波長などを間接的に検出するセンサ素子や信号変換、増幅器の電子回路などで構成されており、検出が間接のため外光の影響に注意しなければなりません。 挿入式は火炎の中に直接センサ素子を挿入しているため、火炎の温度、長さ、状態などを検出することができ、検出の信頼性が高いが応答性、取付に注意を要します。

■ 火炎検出器の選定

燃焼火炎の検出には火炎の性質を上手に利用した火炎検出器を使用します。火炎検出器のどのような機能を利用するにしても、火炎の性質・特性に合致したものを選定することが必要です。

火炎検出器の種類と特長

《UVセンサ(紫外線光電管)》

センサ取付位置の制約が少ないため各種用途に広く使用されています。イグナイタのスパークを誤検知しないように取付に注意する必要があります。 また、24時間以上連続して火炎を消すことのない連続運転のバーナにあっては、連続自己点検方式の火炎検出器を使用し、フェールセーフ性を確保する必要があります。

《可視光線式火炎検出器》

小形の油燃焼バーナに使用されています。ガスのブルーフレームは検出ができません。また、ボイラや農業用乾燥機で屋外設置されるときは特に太陽光の誤検知に注意する必要があります。

《フレームロッド》

フレームロッドは炎の導電性を利用します。センサの信号線とアース間の短絡故障での誤検出をさけるため整流作用を利用し、安全性を確保しています。


  製品資料のダウンロード 製品に関するお問い合わせ 製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ




関連リンク
総合カタログ
総合カタログ 制御編 総合カタログ センサ・スイッチ編
株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項_オフィシャルサイトへ移動します
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.