アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
グラフィカル指示調節計 形 C7G

CDS・ヘルスインデックス

1. コンパクトデータストレージ(CDS)

データを効率よく記録するためのアズビルの新技術、コンパクトデータストレージ機能。一定周期で必要なデータを記録することができます。また、必要な部分だけを記録することもできるため、制御機器の階層でのデータ処理/管理を実現します。

CDS(コンパクトデータストレージ)

CDS(コンパクトデータストレージ)記録方式

2. プロセス診断(ヘルスインデックス機能)

制御用のプロセスデータからループの特性を数値化。ループの健全性の把握で状態変化をとらえます。また、数値化したデータ をエッジコンピューティングに提供することで、IoT化に貢献します。

プロセス診断(ヘルスインデックス機能)

過渡応答時のプロセス変化量最大値(△PV_max)と調節計内部に組み込んだモデルの同値(△PVm_max)を比較すること で、ヘルスインデックス(制御ループ特性)として『ゲイン(Kp)÷時定数(Tp)』を算出します。ヘルスインデックスはCDS起動中 に算出し、microSDメモリカードに記録します。(プロセス条件により算出できないことがあります)

■ 活用事例

ヘルスインデックス ≒ ループの健全性 です。
バッチごとに記録し当初の値と比較することで、故障前に装置の状態変化を捉えることが可能です。

燃焼炉における検知例
バーナーの空気比変化(供給熱量の変化)
断熱材の劣化
扉開閉状態
炉内圧(排気状態)変化・・・など
活用事例

  製品資料のダウンロード 製品に関するお問い合わせ 製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
よくあるご質問(FAQ)
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ



株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項_オフィシャルサイトへ移動します
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.