アズビル株式会社(旧:株式会社 山武) コンポクラブ
トップページ サイトマップ サイト内検索
製品情報 イベント・セミナー サポート・ダウンロード お問い合わせ
製品情報メニュー 製品インフォーメーション 製品カタログ 製品を探す 製品の基礎知識 導入事例
光電スイッチ

限定反射ファイバーユニット

概要 特長 ラインナップ 外形寸法図

HPF-D028T
HPF-D028F
HPF-D028
ガラス基板の有無検出に
HPF-D028T
ウエハの位置決めに
HPF-D028F
ウエハノッチの位置決めに
HPF-D028

■ 概要

限定反射ファイバーを新たに2機種ラインナップ致しました。
ウエハの有無等で設置スペースが限られる場合や液晶ガラス基板等で、背景の影響を受けるワークに対応が可能です。

TOP
■ 特長

フラットオンとトップオンの2種類をラインナップ
フラットオン(薄型タイプ)は検出距離や厚みの異なる2種類をラインナップ

■ 検出原理

検出原理 相対受光レベル特性
投光側と受光側の検出範囲が重なった範囲のみが検出エリアとなる為、スイッチから一定の距離のみでの検出が可能となります。
検出体の色や背景の影響を受け難くなります。

■ 調整時のポイント

調整時のポイント 安定的な検出を行うためにはウエハ検出時と背景との光量差を十分に確保することが重要になります。
下グラフにおいて、アンプの出力形態をLO(ライトオン)、設定値を 5000と設定した場合、(1)の約 3〜7mmの範囲でウエハを検出する設定となります。
背景がウエハと同等の反射率である場合にも、スイッチから背景の位置が(2)の約 10mmにあれば、ほとんど受光量がない状態となり、安定した検出が可能となります。
限定反射形の場合、設定値で調整するだけでなく、検出特性を踏まえた設置がポイントとなります。
※背景の影響は背景の表面状態に左右されます。

ウエハ検出時の受光量特性(代表例)

TOP
■ ラインナップ

ラインナップ

TOP
■ 外形寸法図

外形図:HPF-D028

外形図:HPF-D028T

外形図:HPF-D028F

  製品資料のダウンロード 製品に関するお問い合わせ 製品選定のご相談
コンポクラブ会員のお客様は下記ログインボタンよりログインをお願い致します。
コンポクラブ未入会の方も、下記ボタンより会員登録をしていただければお得な会員メニューをご利用していただけます。
  コンポクラブ会員の方 コンポクラブに未入会の方  
  ログイン 新規会員登録 会員のメリット
TOP
ログイン中です
ようこそ!
会員メニュー
会員情報変更
ログアウト
入会案内
「COMPO CLUB」は、ほしい情報が見つかる・手に入る・質問できるサイトです。
会員登録はこちら
会員のメリット
ログイン
パスワードをお忘れの方
サポート・ダウンロード
製品資料ダウンロード
ソフトウェアユーザ登録
お問い合わせ


光電スイッチ

おすすめ製品
HP7-G□/F□/S□
製品ラインナップ
ファイバスイッチ
HPF-T021T/T021S/T021WT
HPF-T029/T035/D014
HPF-Vシリーズ
HPF-T021/D026
HPF-D028F/D028T
各種ファイバ情報
アンプ内蔵形光電スイッチ
H2B
HP7
HP350-G
H1L
HPJ
HP7-CL/HP7-CM
漏液スイッチ
HPQ-D
HPF-D040
液面検出スイッチ(液面スイッチ)
HPQ-T
HPF-T032/T034
HPF-D027/D033
アンプ内蔵溝形光電スイッチ
HPV
RoHS指令への対応
導入事例



関連リンク
総合カタログ
総合カタログ 制御編 総合カタログ センサ・スイッチ編
株式会社 山武 は アズビル株式会社 へ社名を変更いたしました。
サイトマップ 利用規約 サイトのご利用にあたって ご注文・ご使用に際してのご承諾事項_オフィシャルサイトへ移動します
COPYRIGHT 2012 Azbil Corporation All Rights Reserved.